付和雷同の正しい意味や語源って何?類義語・対義語もチェック!

この間先輩からこんなことを職場で言われました。

「お前。 あんな意見に付和雷同するなんて!!」
「自分の意見はないのか!!」

な、なんで!先輩怒ってるの?
訳が分かりません。

そもそも付和雷同って何?
どんな意味の言葉なの?

怒られていても先輩の注意が耳に入ってきません。
うーん。
これは、調べなければ!!

例によって色んな疑問が沸き上がります。
付和雷同そもそも類義語はあるんでしょうか
はたまた英語では何ていうんでしょうか。

もしかして、語源は中国の古い文献だったりするんでしょうか
例によって、色々付和雷同について調べてきましたよ。
まずは、付和雷同の正しい意味と読み方から見ていきましょう。

スポンサーリンク

付和雷同の意味

付和雷同とは、「ふわらいどう」と読みます。

付和雷同意味は、次のようになります。

付和雷同とは、自分にしっかりとした考えを持たず、他人の言動にすぐ同調すること。

「付和」は自分の意見をもたず、すぐ他人の意見に賛成すること。
「雷同」は雷が鳴ると万物がそれに応じて響くように、むやみに他人の言動に同調すること。
雷同付和とも言います。
付和雷同は附和雷同とも書きます。

なるほどぉ!!
付和雷同!!
そういういみだったのかぁ。

あの時先輩が怒っていたのは、自分の考えも持たずに
簡単に人の意見に同調してからだったんですね。

見抜かれていたんですね。

でも、「付和」はなんとなくわかりますが
雷同」とは、言葉のイメージからも
凄く受ける印象は、響く感じがあります。

どんなことからこの言葉が出来たんでしょうか。
語源を見ていきましょう。

付和雷同の語源

付和雷同の語源としては、由来がなく
いつの間にか「付和」と「雷同」の意味の似た言葉をつなげて作られた言葉のようです。
その中で「雷同」に関しては、
中国の古典の中に語源を見ることができます。

付和雷同雷同語源は次のようになります。

雷同は、礼記という中国の古典の中の曲礼の上の中に
「毋勦説、毋雷同」
という1節が見られます。

これは、
「勦説する毋れ(きんせつするなかれ)、雷同する毋れ(らいどうするなかれ)」と言い、
現代語では、
(他人の説を盗んで自分の説としてはいけない、他人の意見にむやみに賛同するものではない)
という意味になります。

語源は中国古典の中に雷同だけがあるんですね。
初めて知りました。

でも一つだけ注意しておきますが、
決して不和雷同ではありませんからね!!
くれぐれも試験などで間違えないでください。

では、英語にも似たような意味を持つ言葉があるんでしょうか。
そのあたりを見ていきましょう。

英訳

付和雷同を英語に訳すと次の様になります。

Following blindly

これは、闇雲に従うとかの意味が近いです。

followingが従うとか後に続くという意味があり
Blindlyが闇雲にという意味になります。

なんとなく付和雷同にも近いですし、わかりやすいですねー。

では類義語や対義語はあるんでしょうか。

次はその辺りを見ていきましょう。

類義語・対義語

類義語

付和雷同の類義語には次の様なも言葉が挙げられます。

  • 尻馬に乗る(しりうまにのる)
  • 唯々諾々 (いいだくだく)
  • 軽挙妄動 (けいきょもうどう)
  • ここに挙げていないものもあるかと思いますので
    一度ご自身でも調べて見てはいかがでしょうか。

    では対義語についても調べて見ましょう。

    対義語

    付和雷同の対義語としては次の様なものが挙げられます。

  • 和して同せず(わしてどうせず)
  • 堅忍不抜 (けんにんふばつ)
  • などが挙げられます。
    対義語の意味は、主に同意を簡単にしないとか
    自分の意見を持っているといういみをふくむものになります。

    では、簡単に使い方や例文を見ていきましょう。

    使い方

    管理人に抗議をしようと叫ぶ人もあり、それに付和雷同している人たちもあった。 食事がくばられるらしいぞと叫んだ者があり、それにくっついてぞろぞろ動いた連中もあった。
    星新一『声の網』より引用

    管理人に抗議をしようと叫ぶ人もあり、それに付和雷同している人たちもあった。 食事がくばられるらしいぞと叫んだ者があり、それにくっついてぞろぞろ動いた連中もあった。
    星新一『声の網』より引用

    日常では次の様に使うと良いでしょう。

  • やはり皆んな力があるものに付和雷同した。
  • 部活で監督に意見しようとしたが、
    コーチの意見にみんな付和雷同して一人だけのけ者にされた。
  • などが良いでしょう。

    盲目的に従う感じを表す時に使えますね。

    では簡単にまとめていきましょう。

    まとめ

    今回は付和雷同について調べていきました。

    二つの言葉がくっついて意味を強調している形の4字熟語でしたねー。
    この様な形の4字熟語は今までもいくつか出て来ましたね。

    付和雷同の「雷同」は、雷の音が響くことから来ており
    中国の礼記が語源ということも見ていきました。

    英語の訳も見ましたね。

    類義語や対義語も見ていきました。

    使い方も例文を交えて見ましたね。

    会社組織や社会人になるとつい周りに流されて
    付和雷同することも出て来ます。

    そういう意味ではあまり良い意味の言葉ではないのかもしれません。

    でも組織の中で無理に敵を作っていくことを避けるには
    大切な一面もあるでしょう。

    程々が一番なのではないでしょうか。

    最後までありがとうございました。

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする