ビジネスで使われるアジェンダの良い書き方とは?、意味って何?レジュメとの違いもチェック!

効率的な会議の進行には、良いアジェンダが欠かせません。
と良く言われます。
はぁ?
なんのこっちゃ!!
全くもって意味が解りません。
何時からこんな言葉を使うようになったのでしょうか・・・。

最近の横文字ビジネス用語には、ついてけません。

何語なのでしょうか。
どう書くんでしょうか。
語源ってあるのでしょうか。

意味は、どういう事を指しているのでしょうか。
類語ってあるのでしょうか。
使い方って限られているのでしょうか。

( ,,`・ω・´)ンンン?
ここにきて、ふと思ったのですが、会議に使う資料で時々レジュメってものを作りますよね。
レジュメとアジェンダの違いってどこにあるのでしょうか。

疑問は尽きません。

というわけで今回は、またまた気になるビジネス用語の「アジェンダ」について調べてきました。
まずは、意味から見ていきましょう。

スポンサーリンク

アジェンダの意味

アジェンダの意味は、次のようになります。

アジェンダとは、先ず、英語になります。
スペルは、「agenda」と表します。
元々の意味は、計画とか予定表、議事日程、協議事項を表します。
英語では、スケジュール長とか備忘録も、アジェンダと表すときがあります。

そうだったのかぁ!!
アジェンダ!!
よく解りました。

冒頭の話は、効率の良い会議進行には、良い議事進行表が欠かせませんて意味だったんですね!
なるほどぉ!!

ではアジェンダの語源って何なのでしょうか?
次は、語源を見てみましょう。

アジェンダの語源

アジェンダの語源は、次のようになります。

アジェンダの語源は、ラテン語の「行動する」という動詞「agere」に由来する動形容詞の
「agendus」の中性複数形の「agenda」に由来しています。
日本語に訳すると、「行われるべき物ども」という意味になります。

其処から由来していたのですね。
ラテン語から由来の言葉は、英語でも多くあるようですね。
次に、先程の疑問に残っているレジュメとの違いはどこにあるのでしょうか。
アジェンダとレジュメの違いを見ていきましょう。

アジェンダとレジュメの違い

まずはレジュメについてみていきましょう。

レジュメとは

レジュメの言葉の意味は次のようになります。

レジュメとは、フランス語が語源で、要約という意味になります。
其処から、論文などの内容を簡潔にまとめたものとか、会議の発言内容などを要約してあるものを指します。

レジュメとは、基本的に要約した資料というものなのですね。

アジェンダとレジュメの違い

アジェンダとレジュメの違いをまとめると次のようになります。

アジェンダとレジュメの違いとは、議事を進行するために作られるのがアジェンダで、会議の内容や発言を要約してまとめた資料がレジュメになります。

では、良いアジェンダの書き方を調べてきたので、見てみましょう。

アジェンダの書き方

良いアジェンダは、会議の目的とゴールが明確になるので、欠かせないものです。

次のように書くと良いです。

  • 会議の開催日と時間・場所と参加者
  • 進行表(アジェンダ)として議事の内容とタイムテーブル
  • 会議の目的
  • 会議のゴールと会議で得たい成果
  • 各担当への宿題や提出して欲しい資料と締め切り
  • 簡単に説明すると、開催日や時間参加者場所などは当たり前として

    議事進行の内容とタイムテーブルを書いておくことで、会議の内容や時間につい事前に用意する資料や
    持ち時間を把握しておくことができ、説明や発表質疑についても絞り込むことが可能となります。

    当然目的を記入することにより、会議自体の脱線や無駄話も避けられ
    参加者全員の会議に対する意識づけにもなります。

    ゴールを記入しておくことで、えたい成果が明確になり会議自体が無駄な話し合いにならない様になります

    時間の効率アップのためにも資料の事前用意や宿題の確認は避けられなくなります。

    これらが簡潔にまとめてあるといいでしょう。

    というわけで今回は、アジェンダについてみていきました。
    簡単にまとめていきましょう。

    まとめ

    今回は、会議の進行に欠かせないアジェンダについて調べてきました。

    日本では、政党の方々がマニフェストという言葉の以前にそれに代わるものとして
    使われ始めました。

    この時は行動計画としての意味合いも大きかったと思います。

    最近は、会議の進行も、効率よく進めるために、必要な資料になります。

    僕の働いている会社でも、ダラダラと長引いている会議に限って
    アジェンダがないまま進められているものです。

    働き方改革の叫ばれている中こんなものの必要ではないでしょうか。
    最後までありがとうございました。

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする