枚挙にいとまがないの本当の意味って?正しい漢字は何!正しい使い方や類語・英訳もチェック!

最近のテレビを見ていたら、バラエティ番組の多さに驚きます。

こんなにたくさんあって批評する方も問題点の羅列に枚挙にいとまがない(まいきょにいとまがない)様です。

でも一番気になるのは、「枚挙にいとまがない」っていうこの言葉です。
本当に今の使い方で正しいのでしょうか。

もしかしてもっと使い方の正解が実はあったりするのではないでしょうか。

この枚挙にいとまがないという言葉は、よく使われますが
本当に正しい使い方ができているのでしょうか。

いとまって漢字はないんでしょうか。
枚挙ってどんな意味があるんでしょうか。

枚挙にいとまがない」の由来ってどこから来ているんでしょうか。
類語や英訳は、如何でしょうか。

疑問は相変わらずつきません。

というわけで今回は、「枚挙にいとまがない」について調べて来ましたよー。
よろしくお願いします

スポンサーリンク

意味

枚挙にいとまがないの意味は次の様になります。

  • たくさんありすぎて数えきれない
  • 非常に多すぎて数え出したらきりがない
  • これは分解して、意味を調べると次の様なことがわかります。

    まず枚挙(まいきょ)とは、次の様な意味になります。

  • いちいち数え上げること
  • 一つ一つかぞえたてること
  • 数え上げることを指した熟語だったんですねぇ〜。

    では次に「いとまがない」とはどういう意味なのでしょうか。
    いとまがないとは「いとま」を漢字で表すと次の様になります。


    という漢字で表されます。

    これは、どんな意味があるかというと、

    二つとも、休み時間とか暇な時間等を表しています。
    これは、「いと」が休みを表し「ま」が時間を表しています。

    なるほどぉ!!
    よくわかりました!!

    では、「枚挙にいとまがない」の類語英訳はどんな表現があるのでしょうか。
    そのあたりを見ていきましょう。

    類語・英訳

    類語

    「枚挙にいとまがない」とは、多すぎて数えきれない様子を表した慣用句でしたので、
    その意味と同じように使う類語は次のようになります。

  • 星の数ほど
  • ごまんと~ある。
  • 腐るほど
  • うんざりするほど
  • 掃いて捨てるほど
  • 結構いろんな言葉が見つかりましたね

    では、次に英語ではどんな表現があるのでしょうか。

    英訳

    「枚挙にいとまがない」の英訳は次のようになります。

  • too many to count
  • too numerous to mention
  • どちらも数えきれないという意味が含まれていて、強調された表現になっています。

    では、どうやって使うのがいいか例文を含めてみていきましょう。

    使い方

    普段なら何ということのないブービートラップに引っ掛かって吹き飛ばされたり、
    舐めてかかった歩兵の背後に歩兵戦闘車が控えていたりで
    折角の経験値を棒に振ったパーティーの話は枚挙に暇が無い
    押井守『Avalon 灰色の貴婦人』より引用

    実際アルゲードの裏通りに迷い込んで
    数日出てこられなかったプレイヤーの話も枚挙に暇が無いほどだ。
    俺もここをねぐらにして一年近くが経つが、いまだに道の半分も覚えていない。
    九里史生『SAO Web 01』より引用

    日常で「枚挙にいとまがない」を使うには、どんな風に使うのがいいでしょうか。
    例文を二つほど作ってみました。

  • 彼の作品は、広く海外の作家にも影響を与え、その功績たるや、枚挙にいとまがない
  • 彼の奇行のエピソードは枚挙にいとまがない
  • という風に使うといいと思います。

    さて、今回は「枚挙にいとまがない」という慣用句を取り上げました。
    いかがでしたか。

    では、簡単にまとめていきましょう。

    まとめ

    今回の「枚挙にいとまがない」は、数えきれないという意味でしたね

    「いとま」についても、触れてきました。

    語源となる書物は見つかりませんでしたが、成り立ちというか由来は見ていきましたね。

    類語も結構あります。
    英訳につても見ていきました。

    例文も見ていきましたね。

    毎日の中で、枚挙にいとまがないほど自分の足らないところが見つかります。

    数えきれないはずなのに、不足しているとはこれ如何に...。

    今日も最後までありがとうございました。

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする