快刀乱麻のもともとのことばや意味って?正しい使い方や類語もチェック!

快刀乱麻(かいとうらんま)ってよく耳にしたりする言葉の一つですね。
でも、よく熟語を見てみると不思議に感じることってないですか?

「快刀」って刀の何が「」なんでしょうか。
乱麻」ってどんな状態なのでしょうか。
」が意味するのは何でしょうか。

似たような表現は他にあるのでしょうか。
英語ではなんて表現するのでしょうか。

色々と気になって来ます。

というわけで、今回は快刀乱麻について意味や由来・類語や英訳についても調べて来ました。
あ、そうそう
快刀乱麻の使い方についても色々みていきますよ。

まずは意味から見ていきましょう。

スポンサーリンク

意味

快刀乱麻」の意味は次のようになります。

こじれた物事を非常にあざやかに処理し解決すること

こじれたことを解決する様子を表したんですね。
なるほどぉ!!

でも元々快刀はなんとなくわかりますが、乱麻ってどんなことを意味するんでしょうか。
回答は次のようになります。(苦笑)

鋭利な刃物で、もつれた麻糸を断ち切るように物事を処理する意から。

つまり、良くきれる鋭利な刃物で乱れた麻糸を断ち切ってすっきりさせた
という事を表した言葉だったのですね。

そして、乱麻は乱れたというかほつれた麻糸を表していたんですね。

この意味の中で断ち切るという言葉がある事からもわかるように、
実は「快刀乱麻を断つ」が元々の言葉だったのですが
略されて快刀乱麻でも同じ意味を表すようになりました。

そして、今回調べていくうちに快刀乱麻には
、実は由来となる故事があった事が解りました。

やはりそうでしたか・・・。

そういった事でもないと物事のたとえや
長い間使われる言葉になりませんからねー。
では由来となった故事の話を見てきましょう。

由来

快刀乱麻の故事は、次のようになります。

南北朝時代、北斉(ほくせい)の高祖・高歓(こうかん)は
我が子一人一人の判断力を試そうと考えました。

その課題とは、絡まった糸の固まりを渡して、元に戻すように言いました。

その時、高洋(こうよう)=のちの文宣帝(ぶんせいんてい)だけは、
刀を抜いて、これを斬って、

「乱れたものは斬らなくてはならない」

と言った。
高祖はこれを褒めました。

この話が元となって快刀乱麻を断つとは先程のような意味になったんですね。
ではこれはを踏まえて使い方を見ていきましょう。

使い方

まずは例文を見ていきましょう。

度胸だってそうだ。
家康にはおれほどの出足の速さや、快刀乱麻を断つような気働きはあるまい。
恐ろしいのは、家康の譜代のあの家来共だ。
海音寺潮五郎『新太閤記(四)』より引用

快刀乱麻を断つが如き明察によって、
由利先生が、一つ一つこの事件の謎をほごしているころ
五十嵐邸においても大変なことが起こっていた。
横溝正史『憑かれた女』より引用

日常では次のように使います。

  • 彼は、山積みにあった問題の数々を快刀乱麻を断つかの如く
    解決していった。
  • 君が問題を次々と回答していく様は、正に快刀乱麻を断つさまだったよ
  • という風に快刀乱麻は素早く解決していく様子等を表すときや
    何か見ていても小気味よく文字通りズバズバ」解決する様子を
    表すときに使います。

    では「快刀乱麻」の類語や英語ではどういった表現になるでしょうか。

    類語・英訳

    まずは類語を見ていきましょう。

    類語

    快刀乱麻の類語には次のようなものがあります。

  • 一刀両断(いっとうりょうだん)
  • 飛鳥の早業(ひちょうのはやわざ)
  • どちらも、素早く問題を解決する様子を表しています。

    では、英語ではどう表現するのでしょうか。

    英訳

    快刀乱麻は英語では次のような表現になります。

    to cut the Gordian knot

    これは、the Gordian knotが「ゴルディオスの結び目」という事を表しています。

    何故これが快刀乱麻につながるか意味を見ていけばわかると思います。

    the Gordian knotの由来

    このゴルディオスの結び目は、こんな話があります。

    これを解く者はアジアの王となるとの託宣があったが,長い間だれもこれを解きえなかった;
    のち アレクサンダー大王は剣を抜いてこれを切断しこの難題を解決した

    これも難題をバッサリと解決したことから
    快刀乱麻を断つの英訳として使われるようになりました。

    よく似た話ですねー。

    では今回調べた快刀乱麻についてまとめていきましょう。

    まとめ

    今回は、快刀乱麻について調べてきました。

    元々快刀乱麻を断つの故事から来ているので
    快刀乱麻を断つという使われ方が多いようでしたね。

    乱麻ほつれた麻糸を表していることもいていきました。

    鋭利な刃物でその麻糸を断つ処から話が成り立っているので
    怪盗乱麻は間違いですのでくれぐれも注意してくださいね!!

    使い方や類語、英訳も見ていきましたが
    英語の方にも故事があるのには驚きました。

    中々問題が起きてもこのように快刀乱麻を断つかの如く解決するには
    どうすればよいのか悩んでしまいます。

    また一つ問題が増えてしまいます。
    スカッとさせたいものです。

    最後までありがとうございました。

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする