圧巻正しい意味は?由来はどこから?使い方や類語、英語の表現もチェック!

この前スポーツ中継を見ていましたら、アナウンサーがこんなことを言ってました!
おーっと!!○○選手の圧巻(あっかん)のプレー!!
素晴らしいですねー!!
って褒めていました。

でも、圧巻(あっかん)ってどれくらい凄いことを指すのでしょうか!

圧巻由来ってどんなことから来ているのでしょうか。
よく似た言葉で圧倒的とか圧倒するとかありますが
どう違うんでしょうか。

はたまた、類義語とか英語ではなんていうんでしょうか。

疑問は尽きません!!
というわけで、今回は圧巻について調べてきました。
ではまずこの圧巻の意味についてみていきましょう。

スポンサーリンク

意味

圧巻とは、次のような意味になります。

書物の中でも、最もすぐれた詩文を言います。
作品の中で最もすぐれた部分。
転じて、全体の中で、最もすぐれた部分を言います。

という事は、全体を言うのではなく全体の中の
優れた一部分を指しているのですね。

ですから、使い方には注意するところがあるようですね。
さっきの似たような言葉で、圧倒するとか圧倒的で使う圧倒とどう違うのでしょうか。
そのあたりを見ていきましょう。

圧倒との違い

圧倒の意味は次のようになります。

  • 際立って優れて力を持っている事。
  • 又その力で周囲を押さえつける事。
  • なるほどぉ!!

    圧巻優れた一部分をさしていて、圧倒は一部分というよりは、
    周りを抑えつけられるだけの力そのものを指しています。

    ちょっと違いますね。
    使うときには注意したほうがいいですね。

    では、圧巻は元々どんな由来からきた言葉なのでしょうか。
    その事を探ると一部分を指していることが垣間見得ます。

    由来

    圧巻の由来は次のようになります。

    昔中国の役人になるための試験に、科挙というものがありました。
    論述形式で数日間に渡って行われていた時期もあるくらい大変な試験で
    受験する方も大変な試験ですが、その解答を採点するのも大変だったようです。
    そこで、採点する役人が、一番優れた部分のある解答を一番上に持って来て
    他の解答用紙を圧する様にしたことが由来となっています。

    なので一番上の解答には、その優れている部分があるという事で書物を表す巻という漢字
    と合わせて他の書物を圧するという事で圧巻という様になりました。

    なので、圧巻には、優れた一部分があるという事を指しています。

    そうだったのかぁ!!
    知りませんでした。
    そんな話があるんですね〜。

    では、圧倒との違いや今の由来を踏まえて使い方を見ていきましょう。

    使い方

    では例文で先ずは見ていきましょう。

    そのあと、湾岸の埋め立て地へいき、水族館と植物園に入った。水族館では巨大な水槽の下を歩くガラスのトンネルが圧巻だった。植物園では、熱帯植物の庭園に現実のスコールをそっくりに模した熱帯の雨が降る様子を、四人で見物した。
    片岡義男『夏と少年の短篇』より引用

    さっと表情を引き締めたアナンが素早く立ち上がり、そばのボタンを押した。次に展開されたシーンはまさに圧巻だった。サイレンが止まると同時に、会議室の背後にあたる壁全体がするすると横に開くと、すばらしく複雑巨大な設備を内蔵した、同じくらいの部屋が現れたのだ。
    ジェイムズ・ブリッシュ『02 宇宙大作戦 No2』より引用

    如何でしょうか。
    なんとなくわかりますか?

    風景の中の一部分であったり劇中の一部分のシーンをクローズアップしていますね。

    こういう風に使うと良いでしょう。
    では日常では、どの様に使ってみるのが良いでしょう。

    日常では今の説明を踏まえて次の様な使い方が良いと思います。

  • 先日の大会で彼の放ったスマッシュは正に圧巻だった。
  • 壮大な太平洋に浮かぶ夕日は正に圧巻だった。
  • 今回の映画の彼の演技は圧巻の一言に尽きる。
  • 如何でしょうか。
    だいぶわかりやすくなって来ましたね。

    では、類語や英語ではどんな表現があるのでしょうか。

    類語・英訳

    類語

    圧巻の類語には次の様なものがあります。

  • 見せ場
  • ハイライト
  • クライマックス
  • 見処
  • などが挙げられます。

    どれも、最高の一瞬を指す言葉ですね。

    英語では如何でしょうか。

    英語

    英語では次の様な表現になります。

  • masterpiece
  • highlight
  • best part
  • などがあります。

    単語で同じ表現があるということは、よく使われているんですね。
    今回は、間違えやすい言葉の圧巻について調べて来ました。
    では簡単にまとめていきましょう。

    まとめ

    今回は圧巻について調べて来ました。
    全体を指すのではなくある優れている一部分を指すという意味でした。

    逆に全体を指す場合には、圧倒という言葉を使うことも見ていきましたね。
    由来は古い中国の役人の試験から来たことも見ていきました。

    使い方は、圧巻と圧倒の違いに注意して使うことも見ましたね。

    類語や英語も見ていきました。
    特に英語の単語にはいろいろありましたね。

    似た様な意味の言葉は、日本語の中にはいろいろあります。
    大人になればなるほど正しい意味をわかって使いたいものです。
    子供や若い子に勉強しろということも重要ですが、今一度自分はどうなのか
    省みて常に向上していきたいものです。

    最後までありがとうございました。

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする