厚顔無恥の正しい意味と傲岸不遜の違い!由来・類語・対義語・使い方もチェック!

厚顔無恥(こうがんむち)って言葉をよく聞きますが、
皆さん本当の意味というか正しい意味は理解されていますか?

正直なんか悪口みたいで、私は使う事を避けたりいます。
もしかしたら、じぶんが厚顔無恥な感じになっているのかもしれないって思う事もあるからです。

よく日本でも、面の皮が厚い(つらのかわがあつい)なんてことも言いますが、
同じ意味なのでしょうか?

どうなのでしょう。

また傲岸不遜(ごうがんふそん)なんて言葉もありますが、同じ意味なのでしょうか・・・。
英語韓国語では何と言うのでしょうか?

中国由来の言葉なのでしょうか。
疑問は尽きません。

という事で今回は、厚顔無恥について調べてきました。

最少は意味から見ていきましょう。

スポンサーリンク

意味

厚顔無恥(こうがんむち)の意味は、次のようになります。

厚かましく、恥知らずな様子。
他人の迷惑などにかまわずに、自分の都合や思惑だけで行動する様子。

中国では、「厚顔」だけですでに、
厚かましく、ずうずうしい事を表しています。

実は、この「厚顔」の意味が厚かましいさまを表していることから、
厚かましい人の様子を「面の皮が厚い」なんて言うようになりました。

なるほどね~!!
なんか納得できますね。

次に由来を調べてみましょう。

由来

厚顔無恥の由来となっているのは、
やはり中国で、孔稚珪という方が、「北山移文」という書物の中で
使われています。

平安時代ごろに日本に入ってきました。
あの有名な詩経の中にも厚顔というものは、
次のように書かれています。

巧言くわうの如く、顔の厚きや

これは、次のような意味があります。

言葉巧みに自分を飾る事は、見栄を張って自分の内面を隠していて厚かましく図々しい事

こんな由来があったのですね。

昔から、あまりよくないことの例に使われていたのですね。

では、この「厚顔無恥」の使い方を例文を見ながら見ていきましょう。

使い方

そしてその娘が、今さき最も厚顔無恥な言葉を自分に浴びせかけたのである。
サド/澁澤龍彦訳『美徳の不幸』より引用

傍若無人、厚顔無恥の弾正ではあるが、このときは実際に時のたつのを忘れた。
まるで夢幻境で熱い雨に濡れているかのようであった。 山田風太郎『海鳴り忍法帖』より引用

日常では、次のように使うといいでしょう。

  • 君のあの言葉は、厚顔無恥といわざるを得ない。
  • 彼のあの態度は、正に厚顔無恥といえる。
  • というように、厚かましいといったさまを表すときに使うといいでしょう。

    よくわかりました。

    では類語や対義語にはどんな言葉があるのでしょうか。
    早速見ていきましょう。

    類語・対義語

    類語

    厚顔無恥の類語には、次のようなものがあります。

  • 傲岸不遜(ごうがんふそん)
  • 傍若無人(ぼうじゃくぶじん)
  • 唯我独尊(ゆいがどくそん)
  • 唯、この3つの言葉は、意味は少しずつ違います。

    元々、厚顔無恥は、厚かましいとかずうずうしいという意味で常識に欠ける人を指す場合に使う事が多いのですが、
    この3つの言葉は少しニュアンスが違うので意味を見ながら、そのあたりを簡単に見ていきましょう。

    傲岸不遜の意味

    傲岸不遜とは、次のような意味があります。

    おごりたかぶって人を見下したり、思いあがって謙虚さがない様子の事。
    例として簡単に言うと、上から目線のようなことを指して使う事が多いです。

    次に傍若無人を見ていきましょう。

    傍若無人の意味

    傍若無人には次のような意味があります。

    人前をはばからず、勝手に振る舞うさま。
    他人を無視して、勝手で無遠慮な言動をする様子。

    これは、ずうずうしいというよりも、自分勝手という態度を指しています。

    唯我独尊についてはどうでしょうか。

    唯我独尊の意味
    唯我独尊は、仏様のように優れた人物は、この世には他にはいないといった
    非常に傲慢な態度を指している言葉

    まさに、傲慢そのままですね。

    この3つと、厚顔無恥を比べてみましょう。

    違い

    この3つの言葉を比べると、次のような違いがあります。

    傲岸不遜は、上から目線な感じですね。
    傍若無人は、自分勝手な感じがありますし、
    唯我独尊については、自分が一番といううぬぼれが強いイメージがあります。

    厚顔無恥が、単に図図しいとか厚かましいとかに比べると、
    ちょっとわがままな感じが強く感じますね。

    では対義語などんな言葉があるのでしょう。

    対義語

    厚顔無恥の対義語としては、

    遠慮会釈(えんりょえしゃく)

    という言葉が見つかりました。

    この言葉の意味は、次のようになります。

    他人に対して控えめに接して、思いやる

    控えめな態度で相手の事を考えるという事ですね。

    では、お隣の国の韓国や英語では、どういう表現を使うのでしょうか。

    韓国語・英語

    韓国語

    厚顔無恥の事を韓国のハングルでは、次のようになります。

  • 書き方
  • 후안무치
  • 読み方
  • hu-an-mu-chi、フアンムチ

    英語ではどうでしょうか。

    英語

    英語では次のような単語になります。

  • shameless
  • impudent
  • 単語であるってことは、どこの国でも同じように使われたり
    同じような意味のある言葉であるといえますね。

    今回は、厚顔無恥について調べてきましたが、簡単にまとめていきましょう。

    まとめ

    今回は、厚顔無恥について知らべました。

    意味は、厚顔だけについても調べていきました。

    使い方についても例文を見ていきました。

    今回は類語について意味も見ていきました。
    同じような厚かましさにも色々ありましたね。

    英語や韓国語に関しても調べました。

    最後に厚顔を紅顔と書いたり、無恥を無知とすると、ダメですよ!!

    試験に出るかは知りませんが、アウトです!!

    社会に出ると、いろんな方と出会います。

    中には、厚顔無恥な人とも付き合う時もあったり、
    自分も知らず知らずのうちに厚顔無恥な態度をとることもあるでしょう。

    気を付けたいものです。

    最後までありがとうございました。

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする