「明鏡止水」の境地って何?正しい意味や正しい使い方は!類語・英訳では何ていうの?

良く明鏡止水(めいきょうしすい)の境地に至りたいなんて事をよく聞きます。

でもね。

明鏡止水の境地なんて、そんな簡単に至れる境地なんでしょうか。

そもそも、明鏡止水ってどんな意味なんでしょうか。

明鏡」ってなんでしょうか。

明るい鏡って何を表してるんでしょうか。

止水」って

水を止めてどうなるんでしょうか。
水をどうするんでしょうか。

イマイチはっきりしませんね。

でも、昔の総理大臣も明鏡止水の心境なんて
言葉を記者会見で使ってましたね。

達観した心境なのかも知れません。

他に類語なども色々調べて来ましたので
最後までお付き合いください。

まずは意味から見ていきましょう。

スポンサーリンク

意味

明鏡止水の意味は次のようになります。

一点の曇りのない鏡や波がなく静止している水のように、
心にわだかまりがなく、ありのままに物事をとらえる澄み切った心境
を言います。

この明鏡止水は、実は次の二つの言葉からなります。

「明鏡」これは、一転の曇りもない鏡の事を表し
「止水」これは、水面が止まっていて、静かにたたえている水の事
を表しています。

 この二つが合わさって、同じような意味を強調している言葉になります。

どちらも、澄み切ったイメージがある言葉ですね。
それで、わだかまりのない澄み切った心を表す言葉になりました。

この澄み切った心境というのが、明鏡止水の境地になるので、
大体この言葉を使う時はその境地にまだ至っていないことを表す時が多いです。

後は、剣道用語で使われることがあります。

これは次のような意味になります。

磨かれて研ぎ澄まされた鏡のごとく、
また静止清澄の水のごとく
どんな小さな変化も見逃さずに心の動きや相手の動きを
とらえなくてはならない

とされている心境です。

こちらの意味も深い意味がありますね。

では、この明鏡止水の由来は何なのか見て行きましょう。

由来

明鏡止水の言葉の由来

荘子』の 「徳充符(とくじゅうふ)」の「明鏡」の話と「止水」の話の二つ
が合わさってできた言葉になります。

明鏡は次のような話になります。

足切りの刑を受けた前科者である申徒嘉と国の宰相の子産との問答です。
両者ともに伯昏無人を師匠とするでしたが、
同席するのを嫌がる子産に対し、申徒嘉の同席を子産が嫌がります。
そこで、申徒嘉が次のように私産に向かって応えました。

「鏡明らかなれば、すなわち塵垢止まらず。止まるはすなわち明らかならず。久しく賢人とおれば、すなわち過ちなし。」

これは、現代語に訳すると、次のようになります。

心の鏡が光っていればゴミはつかない。ゴミが着くのは鏡が光っていないからです。
長い間師匠と共にいれば、鏡にゴミが付かなくなりますよ。

この後

申徒嘉の姿を見て、
外見だけで同席を断るような行為はいかがなものでしょうか。

 と続きます。

つまり外見だけで判断したりせず、きちんと本質を見抜く。

これが、明鏡の教えです。

次に止水になりますが、これは次のような話になります。

これは、申徒嘉と同じく、足切りの刑を受けた王駘という人の所に
人が多く集まっているのを見て、孔子の弟子が孔子に尋ねた問答の答えです。

仲尼曰く、人は流水に鑑みること莫くして止水に鑑みる。
唯だ止のみ能く衆止を止む。

と答えます。

ちなみに、この中の仲尼とは孔子の事です。

現代語訳は次の通りです。

人は流れる水ではなく静止した水を鏡として自分の姿を映すものだ。
何事にも動じない心を得た者のみが、心の安らぎを求める者に対して、
その求めるものを与えることができる。

これは、何事にも動じない不動心や平常心の大切さを表しています。

つまり、この話をつなぐことで、
明鏡止水は、静かにたたえた水のように何事にも動じず
又はとらわれずきちんと本質を見抜く
という意味に繋がります。

深いですね。

としたら、「明鏡止水の心境であります」という言葉は、
本質をキチンと動じない心で見抜いているという事になりますね。

古い話なのですが、最初に書いたそんな場面ではなかったような気がします・・・。

では、簡単に使い方を見ていきましょう。

使い方

そこには明鏡止水というか、こだわらず、いつも心を澄ませることに意を向けている禅僧そのままの姿があるだけであった。 結果論でいえば、この総攻撃は状況の変化で延び延びとなり、かつ中途半端なものとなり失敗する。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用

明鏡止水の心に映ずる姿を悉く拒まず禅機と一致していた朗らかな鎌倉の昔に、むしろその真実の姿が見られなかったか? … 大佛次郎『赤穂浪士(上)』より引用

とかがあります。

日常でも、

  • 今日の僕は、明鏡止水の心境だよ。
  • とか

  • 明鏡止水の心境でお客様方々のお手紙を見させていただきました。
  • という使い方になります。

    本質を見抜くというよりも、動じない澄み切った心で事に当たる

    という使い方が強くなっていると思います。

    では、類語英訳ではいかがでしょうか。

    類語・英訳

    類語

    類語には、次のようなものがあります。

  • 虚心坦懐(きょしんたんかい)
  • 心頭滅却(しんとうめっきゃく)
  • 等があります。

    ちなみに対義語には
    疑心暗鬼(ぎしんあんき)
    があげられます。

    英語ではどういう表現になるのでしょうか

    英訳

    英語では次のようになります。

    a stable and clear state of mind

    心の持ちようが、どっしりとして澄み切っている
    という意味ですが、近い表現になりますね。

    いかがでしたでしょうか。

    今回は明鏡止水について調べました。
    では、簡単にまとめてまいりましょう。

    まとめ

    今回は、明鏡止水について調べました。

    剣道でも使われる言葉だったんですね。

    ありのままという事や何事にも動じないという意味と
    澄み切った心ですべてをとらえるという意味がある事も
    解りました。

    由来は二つの話がいつの間にかつながった話になっていましたね。

    類語や英語でも見ていきました。
    対義語は以前書いた疑心暗鬼でしたね。

    この明鏡止水の言葉は普段から使われるだけあった大切な心境ともいえます。

    普段仕事でも大切な心境で、お客様のどんな変化も見逃さないようにしたいものです。

    最後までありがとうございました!

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする