温故知新の意味は?正しい使い方は?例文・類義語もチェック!

温故知新なんか昔中学あたりで学んだ古典に出て来ていましたね。

誰の言葉か皆さんご存知ですか?

どんな話の中に出てきた言葉か知っていますでしょうか。

中々深いいい言葉ですよねー。

でも本当に正しい意味を、理解しているでしょうか。

ちょっと怪しいかもしれません・・・。

というわけで、今回は温故知新について調べてきました。

スポンサーリンク

意味

温故知新の正しい意味は、以前に学んだことや昔のことをもう一度調べなおしたり、考えたりすることで、
新しい道理を得たり知識を得て自分のものにすること。

又は古いものをたずね求めることで新しい事柄を知るという意味もあります。

先ず温故知新の最初の一文字「」という文字にたずね求めるという意味があります。

一説にはこの「温」にはもともと皿の上に蓋をして温めなおして味わうという意味があり、

そこから、復習するという意味にも派生しました。

自分の学びを温めなおして味わうという事ですね。

由来

温故知新の由来となるのは、孔子の言葉をまとめた「論語」の中の為政編の中の言葉に基づくものです。

子曰、温故而知新、可以為師矣。とあります。

子曰く、故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知る、以って師と為るべし。 と書き下ろします。

温(たず)ねて、の所は、一説には温めて ともいう方もおられます。

これは、先程の温の意味から来ています。

今の言葉に訳すと、以下のようになります。

現代語訳

孔子先生は、おっしゃいました。
古い教えや伝えを大切にして、新しい知識を得て幾事が出来れば、人に教えることができる師となることができるでしょう
と。

論語は他にも色々と4字熟語やことわざの由来になっているものがあります。

例えば、簡単に説明すると

巧言令色(こうげんれいしょく)
 
口先の言葉がうまく、顔色をやわらげて人を喜ばせ、こびへつらうこと。
仁の心に欠けることとされます。

剛毅朴訥(ごうきぼくとつ)

意志が強く、飾りけがなくて口数が少なく飾り気がない事。
仁の心にちかいとされています。

その他にも色々あるので、又の機会に書きたいと思います。

使い方・用例

それだけでは、過去の分析だけに終始して、未来への展望を欠く。 温故知新ともいうように、歴史を学ぶことの意味は、未来への展望を得ることでもあろう。 そこであえて、冒頭の設問の範囲を踏み越えてみたい。 飯沼和正『あるのかないのか? 日本人の創造性』より引用

我が國の過去の歴史を觀れば、將來執るべき方針も自然に理會されるはずである。 歴史を鑑といふのは是處のことで温故知新は、此の如くして活用せなければならぬ。 桑原隲蔵『東西交通史上より観たる日本の開発』より引用

歴史は繰り返すなんて言われているから、温故知新でもう一度歴史を見直すことは大事なんじゃないかな。

とか

もう一度温故知新で以前の失敗の原因を見直してみよう。そうすれば新しいことが見えてくるんじゃないか。

という風に使います。

注意してほしいのは、「温古知新」は、間違いですからね!

類義語・英訳

類義語

来を知らんと欲する者は往を察す。などがあります。

これは、未来のことを知りたければ、過去のことを正確に調べそれを基礎にして判断をしなさい。という意味です。

昔に学んで、新しい事の参考にしなさいということですね。

英訳

英語では、
He that would know what shall be must consider what has been.
訳すと、将来の事態を知りたいのなら、過去の経緯を考察せねばならないとなります。

まとめ

今回は、温故知新について調べました。

論語からの出典だったことや、もともと先生として人に教える資格について書かれたことだったのは、
知りませんでした。

正に温故知新で、新しい知識を得ることが出来ました。

温という感じの意味も少し見てみました。

色々と深く掘り下げてみていくと面白い発見があります。

単に4字熟語として調べるだけでなく、よく見るといろんな事が見えてきました。

今後も、頑張っていきたいです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする