天真爛漫の正しい意味は?使い方は?英訳・類語もチェック!!

よく天真爛漫な笑顔が魅力です!!
とか
天真爛漫な性格ですとか言いますが、

正しい意味使い方は、今一理解できていなかったりしませんか?

誉め言葉かと思えばお局さんが若いOLを捕まえて嫌味で言っていたり・・・。

そこで今回は天真爛漫の本当の意味や使い方をチェックしてみようと思います。

スポンサーリンク

天真爛漫の意味

天真爛漫とは、飾らず自然のままの姿があふれ出ているさま。とか

生まれつきの素直な心そのままで、明るく純真で無邪気なさま。なことを言います。

明るく気取ったり飾ったりせずにありのままでいるとかもそうですね。

天真」とは、純粋な性格を表しており、

爛漫」とは、自然のままありのままに輝いて現れている様子

を表しています。

この二つの言葉から、天真爛漫は明るく純真な無邪気な様子を指しています。

漢字で書くときに注意していただきたいのは、

天真天心と書いたり、

爛漫のの字を、慢とか曼と間違えないよう注意してくださいね!!

ちょっと恥をかきますよ。(汗)

使い方

天真爛漫には先ほどのような意味があります。

なので、

おそらく彼のことだから天真爛漫な顔つきでやったことであろう。 たしかに彼は天使そのもののような顔をしていた。 ミラー/大久保康雄訳『南回帰線(上)』より引用

とか

信子はふきだした。 それは林檎にかみつくよりも、もつと溌剌奔放な天真爛漫な姿であつた。 坂口安吾『恋をしに行く(「女体」につゞく)』より引用

とか

彼女はいつも天真爛漫な笑顔を僕に向けてくれるが、こうと決めたら一歩も引かない強さを持っている!!という風に使います。

基本的には、褒め言葉ですが、純粋で明るい無邪気な意味を含んでいるので、

子供っぽいとか天然な性格を気にしている人や、その天真爛漫さが嫌味に聞こえるような時によっては

使わない方がいいですね。

類語・英訳

天真爛漫の類語としては、

天衣無縫があります。

天衣無縫は、かんたんに説明すると

物事に技巧などの形跡がなく自然なさま。

天女の衣には縫い目がまったくないことから、文章や詩歌が技巧にはしらず、自然に作られていて巧みなこと。

を表しています。

天真爛漫は、性格などをさしていますが、

天衣無縫は、文章などを指して使うところが少し違いますね。

英訳ではどうなのでしょうか。

無邪気なという意味で

simple and innocentとか

あるいは、innocentだけでもいいですね。

innocentだけでありのまま とか無邪気なとか純真な

という意味を持っています。

まとめ

さて、今回は天真爛漫について調べてみました。

本来褒め言葉で純真な明るく無邪気な意味を持っていることが解りましたね。

後、類語である天衣無縫とちょっと使い方が違っていることもわかりました。

日本語って深いですね。

昔、そういやイノセントワールドって曲もありましたね。

イノセントに無邪気なっていう意味があることを初めて知りました。

脱線してしまいすみません。

でも子供たちの天真爛漫な笑顔が絶えずあり、そのことを素直に感謝できる世の中でありたいものですね。

少なくても皮肉や、嫌味で使っていい言葉では無い言葉ですね。

今回も、最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする