悪戦苦闘の意味は? 類語は何?使い方・例文をチェック!!

4月から新しい環境になって、あたらいいことに悪戦苦闘されている方も多いのではないでしょうか?

でもこの悪戦苦闘ってどんな意味正しい使い方って本当に理解して使っていますか?

私も、自信がありません!!

そこでもう一度正しい意味使い方

例文類語もチェックしてみようと思います。

スポンサーリンク

悪戦苦闘の意味

死に物ぐるいの苦しい戦い。

非常に困難な状況の中で、苦しみながら努力すること。

悪戦」とは不利な状況の中で強敵に苦戦すること。

苦闘」とは文字通り不利な状況や苦難な状況で戦う事。

苦しい中での戦いを表しています。

その意味から、困難な状況下でその困難に立ち向かう事。

というときに使われています。

悪戦苦闘の使い方と例文

 

使い方としては、

今日の宿題は夜遅くまで悪戦苦闘したよ。明け方ようやく完成したよ。

とか

一人暮らしを始めて毎日料理に悪戦苦闘しています。

とか

いやぁ、今回は悪戦苦闘したけれど優勝できてうれしさ倍増だよ!!

という風に使います。

難しい問題や状況に臨むときにまた、苦しい状況に臨むときに使いますよね!!

でもその後ろの文章が明るい結果の時にも思うような結果が得られない時にも同じように使われています。

よく使われる熟語ですよね。

小説や文学にもよく出てきます。

・・・だから私は腹の底に依然として険しい感情を蓄えながら、あの霜焼けの手が硝子戸を擡げようとして悪戦苦闘する容子を、まるでそれが永久に成功しない事でも祈るような冷酷な眼で眺めていた。すると間もなく凄じい音をはためかせて、汽車が隧道へなだれこむと同・・・<芥川竜之介「蜜柑」青空文庫>

・・・けれども、メリメにしろ、ゴオゴリにしろ、――また、いま、ふと頗る唐突に思い浮んだのであるが、シャトオブリアン、パスカルほどの大人物でも、――どのように、その時代の世評を顧慮し、人しれぬ悪戦苦闘をつづけたことか、私はそれに気がつき、涙ぐましく・・・<太宰治「春の盗賊」青空文庫>

・・・世間の思わくの前に苦しむのであって、自分の良心の前に苦しむのでない、と言われ得るほど、他人の気を兼ねる習癖が、作者藤村の個性にこびりついていればこそ、藤村は『新生』のために悪戦苦闘したのである。少年時代以来の藤村の苦労を、作品を通じて通観し・・・<和辻哲郎「藤村の個性」青空文庫>

今度はよく似た意味を持つ類義語や対義語を見ていきましょう。

類義語・対義語

類義語としては

艱難辛苦

孤軍奮闘

千辛万苦

などがあげられます。

どれも苦しい中や苦労が多くてあまりある状況が字からも見えてきます。

対義語はいかがでしょうか。

調べてみると

善戦健闘 というのがありました。

という事は、今一度考えてみると、

悪戦苦闘は、困難な中頑張ってよい結果を得られたときに使う事が正しい使い方ではないでしょうか!!

善戦健闘は、頑張ったけれども、健闘の末良い結果は得られなかった。

という風に使われることが多いです。

おまけですが、英訳すると

悪戦苦闘するは、Struggling to とか struggle hard とか tough fight

と言います。

まとめ

悪戦苦闘という言葉は、善い結果を得られたときに使う事が正しい使い方で対義語もあるという事が解りました。

最初私は、普段の使い方が間違っていることにも気が付かなかったです。

今回は新たな発見もあり、楽しい記事でした。

書くことにも悪戦苦闘の日々で筆が進まないこともありますが、よりわかりやすく自分目線での記事を書いていけたらと思います。

最後まで見ていただきありがとうございました。

貴方には、普段悪戦苦闘しながらも続けていることはありますか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする