因果応報の意味は?由来は?自業自得とどう違うの?因果応報の実話もチェック!!

因果応報だな
なんかそう聞くと、すごく悪いことして天罰が下ったそんなイメージがありませんか?

今回の彼に起きた事はかわいそうだが、因果応報だな
とか使われたりしますが、実際のところ正しい意味は何でしょうか?

良い意味でつかわれるのでしょうか。

それとも悪い意味でつかわれたりするのでしょうか。

今回は因果応報の正しい意味使い方をチェックしたいと思います。

スポンサーリンク

因果応報の意味

元々は過去及び前世の因業に応じた果報があるという意味。が本来の意味でした。

それが転じて現在では、善い行いをした人には良い報い、悪い行いをした人には悪い報いがある。といった意味になります。

という事は、善い意味にも悪い意味にも使えるんじゃないですかぁ~。

仏教の言葉には善因善果・悪因悪果とあります。この意味と同じですよね。

でも最近はなんか悪い意味のみに使われることが多くなってきています。

不思議ですよね。

因果」とは結果には必ずその結果のスタートとなる原因があるという事から結果を導いた行動・在り方がある。っていう意味になります。

応報」とは因果に応えた報いがあるという意味になります。

毎日の行動や在り方も注意したいですよね。

由来

元々の因果応報の由来は仏教の教えの中にあります。

過去や前世での行いが因果となってそれに応じた報いが来るよ。

って意味です。

怖いですねぇ。

「彼はあれだけの悪事を働いたから、けがをするのも因果応報だ」

「今回の結果は、正に今までの行いの因果応報だ」

といった風に使われます。

さて類義語には

自業自得なんていう言葉があります。

次に自業自得と因果応報はどう違うのか見てみましょう。

自業自得と因果応報の違いは?

因果応報には、元々いい行いをした人や善いことがもとでよい結果につながる「善因善果」という意味も含んでました。

当然「悪因悪果」という事も含んでますが。

過去や前世での行いに因りこの世の其の因に応じた報いがあるという意味が元々の意味です。

上の方でも書きましたが、」最近では悪い方の意味でしか使われなくなってきましたが・・・。

自業自得とは、因果応報と違って下記のようになります。

自分の行動で悪い結果が返ってくる。

なので因果応報には、親のしたことが子供に帰ってくるという事に使ったりもしますよね。

でも、自業自得とは、まさに自分一人の行動に対してどうだったか。について使うことが多いです。

実話

このようなお話がありました。

ある日急に会社をリストラされた若者が、途方に暮れているとある日ばったり昔若者の両親がお世話してあげた方と会いました。

話をしてるうち若者が現在会社をリストラされて困っていることを相談したところその方が職をお世話してくださったそうです。

これは因果応報でもよい方のお話ですね。

又は逆に昔その若者の親がよい付き合いをしていなかった方とばったり出会ったなら、弱り目に祟り目でひどい扱いを受けたことでしょう。

これも因果応報のお話になります。

また最近外国でもよく聞く政治家の汚職問題です。

その議員の親も議員をされていた時ばれなかった汚職が子供の時にばれて一家離散や職を失うなんてこともあるようですね。

怖いですね~。

まとめ

今回因果応報について調べてみました。

仏教用語でもあった因果応報にはもともと良い意味も悪い意味もありました。

それが時が経つうちに悪い意味のみに使われるようになりました。

類義語には自業自得という言葉がありますが、これは意味は似てるけれども少し使い方は違うってことでしたね。

実話を拾ってくると、少し悲しい気持ちになりました。

ただやはり自分の行動が周りのかかわっている人々に影響を与えるので注意しなければという事は気づきました。

もっといい行動をとらねば!!

最後まで見ていただきありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする